うぃんどろいど.net

ガジェットと旅行記

【○○Payガチ勢が語る】Kyashは「誰にでも」勧められるただひとつのスマホ決済だ

f:id:MihanadaMikan:20210124132514j:plain

PayPayが「100億円あげちゃうキャンペーン」を引っ提げて登場した2018年の秋以降、スマホ決済はちょっとした社会現象になり、世間には「○○Pay」を名乗る競合サービスがあふれかえった。

国がキャッシュレス還元事業をやったりau PAYの還元キャンペーンが転売ヤーの餌食になったりOrigami Payが潰れたりとこの界隈も色々あったが、そんなこんなを経て最近ではスマホ決済もだいぶ市民権を得てきた感じがする。

 

f:id:MihanadaMikan:20210124133155j:plain

PayPayさんいつもお小遣いありがとうございます

この手のスマホ決済を使う動機のひとつがポイント還元だと思う。例えばPayPayなんかはこれまでに累計何円分のポイントが還元されたか一目でわかるUIになっていて、単純な僕なんかはすぐ「もっと使ってもっとポイントもらうぞ!」なんて気になったりする。貧乏学生にとってこういう収入のありがたさは計り知れない。

 

僕はPayPayのみならずLINE Pay、d払い、メルペイなどなど世の「○○Pay」はだいたい使い倒している側の人間だが、一方で、こうしたアプリを敬遠する人の気持ちも正直わかる。レジ前でアプリを起動して、QRコードを読み取って、金額を手入力して…という決済フローは慣れるまではやっぱり面倒だ。だから、いくらスマホ決済はポイントがもらえてお得だと言っても、興味のない人にまで勧めたいとは思わない。

 

……が。それでもたった一つ、これなら文字通り「誰にでも」勧められると思うスマホ決済がある。それがこの記事のタイトルにもある決済アプリ「Kyash」だ。

play.google.com

apps.apple.com

 

Kyashをスマホにダウンロードして起動すると、こんな画面が現れる。

f:id:MihanadaMikan:20210124134932j:plain

Kyashのトップ画面のUI

支払い用のバーコードがどこにも見当たらないことがわかると思う。そう、Kyashはスマホ決済アプリでありながら、他サービスとは一線を画する。バーコードやQRコードで支払いするわけではないのだ。

f:id:MihanadaMikan:20210124132514j:plain

Kyash Card。発行に900円かかるが、1%のポイント還元があるので9万円使えば元が取れる

代わりに使うのがこのカード。KyashはVISAブランドのプリペイドカードとして、お店ではクレジットカードのように支払うことができるのだ。もちろんカード番号(カードの裏面に書いてある)を入力すれば通販やPayPalで使うこともできる。決済の手順としては通常のクレカ払いと全く変わらないため、いちいちアプリの起動が必要な他のスマホ決済よりも使いやすいと感じる人も多いだろう。

 

残高はクレジットカード、銀行口座、コンビニなどでチャージできるので、Kyashの活用方法は大きく次の2つとなる。

①クレカからのオートチャージを使ってクレカ払いのポイントをかさ増しする
②銀行口座や現金でチャージしてクレカ代わりに使う

 

①について詳しく解説すると、Kyashにはクレカからのオートチャージという機能があり、残高が0円で支払いしても必要な額を即時チャージ→そのまま支払い、ということができるのだ。残高について気にすることなく普通のクレカ払いと同じ感覚で使えるのでラクな上、「Kyashのポイント1%(上限500p/月)」と「チャージ元のクレカのポイント」の両方がもらえるというわけだ。

 

②については「日々の支払いを全部クレカにするのは不安」とか「そもそもクレカ持ってない」とかいう場合に役に立つ。事前にチャージして使うKyashなら、後払いのクレカと違って使い過ぎの心配がない。また、AmazonプライムYouTube Premiumの年会費の支払いにも使えるので、クレカがなくてこうしたサービスを利用できない人への代替案にもなる。もちろんこの場合もKyashのポイント1%(上限1200p/月)はもらえる。

 

Kyashを「誰にでも」勧められるというのはまさにこのことで、要は上の①、②の2つの使い道があるということは「クレカをガンガン使い倒したい人」「クレカをあまり使いたくない/使えない人」の両方におすすめできるということだ。当たり前だが世の中の人間はすべからくこの2タイプに大別できるので、つまりKyashは全人類におすすめできるのだ。

 

注意点としては、先ほどもチラッと書いたが、写真のカード(Kyash Card)の発行には発行手数料900円がかかるうえ、本人確認ができないと発行できない。アプリを入れれば即使えるバーチャルカード(物理的なカードがなく、番号のみのカード)もあるが、この場合は月当たりの利用上限が少なかったり、ポイントの付与率が0.5%と低かったりする。

「本人確認」「発行手数料」の2つのハードルがクリアできるなら、Kyash Cardを発行して使うのがおすすめだ。

 

***

 

ここからは余談なのでサクッと読み飛ばしていただいて大丈夫です。

 

余談①

Kyash Cardの発行手数料900円だが、すでに身近な人がKyash Cardを持っている場合はその人からの招待を受けることで実質無料にできる。詳細は以下のキャンペーンページを確認してほしい。

support.kyash.co

本当は僕がこのブログに招待URLを貼って「ここから登録してね!」としたいところなのだが、どうやら僕からの招待を受けると僕の本名が通知されてしまうようなので残念ながらそれはできない。もしKyash Cardを利用中の家族や友達などがいたら活用してみてほしい。

 

余談②

Kyash Cardは3Dセキュア(クレカに搭載されている高度な本人確認システム)に対応しているため、PayPayや楽天ペイなどのスマホ決済の支払元カードに設定することもできる。とくにd払いの支払元にすると、Kyashのポイントに加えてd払いからのdポイント0.5%ももらえるのでおすすめ。

6gramやRevolutなど他のウォレットアプリとの合わせ技でさらにポイントをかさ増しすることも可能は可能だが、決済までのフローがめんどくさすぎるのでおすすめはしない。

 

ついった↓

twitter.com