うぃんどろいど.com

ほぼWindows、Android同好会。たまに他のネタもやる

【1000円】TP-Linkのスマートプラグ「Tapo P105」でベッドライトをスマートに【IoT】

f:id:MihanadaMikan:20210701204749p:plain

 

今回はAmazonなどで1,000円前後という激安で売られているTP-Linkのスマートプラグ「Tapo P105」を使い、ベッドライトをAmazon Alexaで音声操作できるようにしたのでその手順を解説する。

f:id:MihanadaMikan:20210617111517j:plain

www.tp-link.com

まずはサクッと開封

f:id:MihanadaMikan:20210617111802j:plain

こんな感じの箱に入っている。「ミニ」スマートWi-Fiプラグと銘打っているだけあり小さな箱。

f:id:MihanadaMikan:20210617111935j:plain

明治のミルクチョコレートが手元にあったのでサイズを比較してみる。こう見るとTapoの小ささもわかりやすいかと思う。

 

コンセントに挿してみる

f:id:MihanadaMikan:20210617112634j:plain

さて、それではこのTapoをさっそくコンセントに接続したいのだが、ここでひとつ予想外の事態が発覚した。この写真からも見て取れるかと思うが、このTapoのプラグには極性があるのだ。向かって右側、「N」の刻印がある側のプラグのほうが左側より幅広であることがわかると思う。

f:id:MihanadaMikan:20210617113004j:plain

これが何を意味するのか。べつに普通のコンセントに直接挿すぶんにはおそらく問題ないだろう。しかしこのようなタコ足のところに挿そうとすると…

f:id:MihanadaMikan:20210617113126j:plain

ガッ!!ガッ!!!

そう、挿される側の幅が足りなくて使えない可能性があるのだ。もちろんよく調べずに買ったこちらが悪いのだが、これはちょっと想定外だった。

f:id:MihanadaMikan:20210617113401j:plain

ただし、すべてのテーブルタップに挿さらないかというとそういうわけでもなく、もちろんいけるものもある。この手の商品を購入するときは、使用予定のコンセントにプラグが挿さるかどうかを確認する必要があるようだ。

 

アプリでセットアップ

f:id:MihanadaMikan:20210617113904p:plain

Tapoをコンセントに接続したら、次はアプリを使ってスマホとペアリングする。とはいえこれに関しては別に難しいこともなく、画面の指示に従って進めていけばすぐに終わる。まずは「デバイスを追加」ボタンをタップ。

f:id:MihanadaMikan:20210617114110p:plain

そうするとTapoブランドの商品が一覧になって出てくるので、ペアリングしたいデバイスをその中から選択。今回なら「Tapo P105」を選ぶ。あとはアプリの側で勝手にペアリングしてくれる。

f:id:MihanadaMikan:20210617114640p:plain

ペアリングが終わると、このようにアプリのトップ画面にデバイスが表示される。このタイルをタップするだけでオン/オフの切り替えが可能だ。今回はベッドライトのに使う予定なので「ベッドライト」と名前をつけた。

 

Alexaと連携

f:id:MihanadaMikan:20210617114338p:plain

ついでにAmazon Alexaとの連携も設定してしまおう。こちらはTapoアプリではなくAlexaアプリからの操作となる。操作方法についてはTP-Linkの公式HPで解説されていたのでそちらを参照されたし。

www.tp-link.com

 

f:id:MihanadaMikan:20210617115341p:plain

連携がうまくいくと、AlexaアプリからTapoデバイスを検出できるようになる。Alexaアプリの「デバイス」タブから「プラグ」を選択し、先ほどのTapoを選んでAlexaと連携させよう。

f:id:MihanadaMikan:20210617120017p:plain

先ほど「ベッドライト」なんて名前をつけたせいでちょっとややこしいことになっているが(苦笑)、これで「『ベッドライト』という名前のプラグ」をAlexaと連携できたことになる。

f:id:MihanadaMikan:20210617120152p:plain

今回はこんな定型アクションを設定してみた。Alexaに「アレクサ、おやすみ」と言うとベッドライトをつけ、同時に居間の照明(ここでは「すべてのHueライト」)をオフにし、さらにおやすみ前のひとことも返してくれる、というものだ。

 

いよいよ実行

f:id:MihanadaMikan:20210630105530j:plain

夜にこのアクションを実行してみると、ちゃんとメインの照明は消え、ベッドライトも点き、Alexaはおやすみの一言も返してくれた。成功である。

 

まとめ:約1,000円なら高コスパ

スマートライト(電球)というのは意外とお高いものだが、今回のベッドライトのように単純なスイッチでオン・オフするものなら、このようにスマートプラグを利用してIoT化してしまうという手もある。実売1,000円以下で買えるプラグで音声操作が可能になるならコスパは良好だし、とりあえず1つ試しに買ってみよう!というようなこともしやすいのではないだろうか。

 

Twitterもよろしくお願いします↓

twitter.com