うぃんどろいど.net

ガジェットと旅行記

【高い?】Xiaomi新製品の価格・発売日を確認しつつ競合製品と比較検討【Xiaomi 11T Pro/11T/Xiaomi Pad 5/Redmi Buds 3 Pro】

本日(10/21)15時に発表されたXiaomiの国内向け新商品の価格、発売日をまとめつつ、ライバル製品と比較してどうかを考えていきます。

各製品の価格・発売日

Amazonなどの商品ページへのリンクは記事の最後にまとめて貼ってあります。

Xiaomi 11T Pro

f:id:MihanadaMikan:20211021154338p:plain

https://twitter.com/XiaomiJapan/status/1451066234376626178

価格…69,800円(128GB)、79,800円(256GB)

発売日…11月5日

※11月4日までの先行予約で5,000円引き

 

Xiaomi 11T

f:id:MihanadaMikan:20211021154633p:plain

https://twitter.com/XiaomiJapan/status/1451066234376626178

価格…54,800円

発売日…11月5日

※11月4日までの先行予約で5,000円引き

 

Xiaomi Pad 5

f:id:MihanadaMikan:20211021154811p:plain

https://twitter.com/XiaomiJapan/status/1451070938208882695

価格…43,780円(128GB)、54,780円(256GB)

発売日…10月21日

 

f:id:MihanadaMikan:20211021154849p:plain

https://twitter.com/XiaomiJapan/status/1451070938208882695

スタイラス(Xiaomi Smart Pen)は11,800円

 

Redmi Buds 3 Pro

f:id:MihanadaMikan:20211021155052p:plain

https://twitter.com/XiaomiJapan/status/1451070938208882695

価格…6,990円

発売日…10月29日(予約開始は10月21日)

 

Mi Smart Speaker

f:id:MihanadaMikan:20211021155135p:plain

https://twitter.com/XiaomiJapan/status/1451070938208882695

価格…6,490円

発売日…未定(11月下旬以降)

 

競合製品と比べて「買い」なのか

さて、各製品の価格が出そろったところで、Xiaomi 11T Pro、11T(無印)、Xiaomi Pad 5について、Xiaomiの他の製品、もしくは競合の製品と比較して「買い」か否かを検討していく。

 

Xiaomi 11T Pro - かなり買い!

まずはXiaomi 11T Proについて。現状最高峰のSD888と120Hzの有機ELディスプレイ、そしておサイフケータイを搭載して69,800円ということで、なかなかにコスパの良い製品に仕上がっていると思う。

f:id:MihanadaMikan:20211022131101p:plain

https://www.asus.com/jp/Mobile/Phones/ZenFone/Zenfone-8/

比較対象としてまず思いつくのは、ASUSの「Zenfone8」だろう。同じくSD888、有機ELディスプレイおサイフケータイを搭載したSIMフリースマホだが、価格はXiaomi 11T Proより高い79,800円で、しかもバッテリー容量が4,000mAhしかない(Xiaomi 11T Proは5,000mAh)。消費電力の多いSD888でこの差はけっこう大きいので、小型端末好きならZenfone8、そうでないならXiaomi 11T Proというすみわけになりそうだ。

f:id:MihanadaMikan:20210804042808p:plain

https://www.mi.com/jp/product/mi-11-lite-5g/

もうひとつ比較しておきたいのが、同じくXiaomiの「Mi 11 Lite 5G」だ。こちらも有機ELおサイフケータイを搭載しているが、SoCがミドルハイのSD780となっており、そのぶん価格は3万円近く安い43,800円だ。一見すると性能が高いXiaomi 11T Proのほうがよさそうにも見えるが、上述のとおりSD888にはあまり燃費が良くないという弱点があり、ゆえに最高峰の処理能力がそこまで必要ないならMi 11 Lite 5Gも候補に入れていいだろう。というかSD780GもiPhone 11に近いくらいの性能はあるので、正直スペック的には十分だと思う。Xiaomi 11T Proの120Hzディスプレイや120W急速充電、動画に強いカメラといった付加価値に魅力を感じるかどうか、そこが争点になるはずだ。

 

Xiaomi 11T - おサイフなしでもいいならProより買い!?

次にXiaomi 11T(無印)について。こちらはおサイフケータイこそ非搭載だが、SD888に迫る処理能力があるDimensity 1200Uを搭載し、120HzのディスプレイなどPro版の魅力もしっかり引き継ぎつつ54,800円という価格を実現しており、こちらもなかなかコスパが高い。なんなら、おサイフケータイを重視しないならProよりこちらの方がおすすめなくらいだ。

f:id:MihanadaMikan:20211022131618p:plain

https://www.motorola.co.jp/smartphones-moto-g100/p

比較対象としては、Motorolaの「moto G100」を挙げておきたい。こちらはSD870(888よりは劣るが十分性能が高い。865+とほぼ同等)を搭載して58,800円とかなりのコスパだが、ディスプレイは液晶で、他にもカメラ性能など細かなところでコストダウンが図られているため、総合的なユーザー体験ではXiaomi 11Tの圧勝だと考えられる。ただしXiaomi 11Tの搭載するDimensity 1200Uは日本国内で初めて採用されるプロセッサなので、ゲームによっては最適化に関する問題が発生する可能性もなくはない。ゲームをしっかり遊ぶ端末として買うなら、Snapdragon搭載のMoto G100のほうが安パイではあると思う。

 

(補足)

Xiaomi 11T Proと11T(無印)の比較については以前記事を出していたのでよければ」こちらもどうぞ(ただし情報が古い箇所もあるので注意)↓

39anartwork.hatenablog.com

 

Xiaomi Pad 5 - 無印iPad(第9世代)のほうがいい気が…

f:id:MihanadaMikan:20211022131754p:plain

https://www.apple.com/jp/ipad-10.2/

最後にXiaomi Pad 5については、以前記事も書いたが比較対象になるのは無印iPad(10.2インチ/第9世代)の最安構成だ。iPadは39,800円、そしてXiaomi Pad 5は43,780円。iPadと違って120Hzのディスプレイやベゼルレスのデザインなど強みはたくさんあるが、とはいえ「iPadより高い」というのは……悩ましいが、個人的には微妙だなと感じた。いくらハード面でXiaomi Pad 5のほうが優れているといっても、やはりタブレットに最適化されたアプリやクリエイティブアプリの数ではiPadに勝てない。この値段だったら、僕だったらiPadを買う。というか無印iPad(第8世代)からの乗り換えも検討していたのだが、正直その価値はないなと感じた。ただしストレージが多いので(無印iPadは64GB)、データやアプリをたくさん保存してがっつり使いたい、かつ金額は抑えたいという場合には検討する価値はあるかもしれない。

 

なお、Redmi Buds 3 ProやMi Smart Speakerについては、音響機器ということで実際に聴き比べてみないと評価を下せないためここでの比較は割愛する。前者については「6,990円でノイキャン付き」というのは魅力的ではあるが、ぶっちゃけ音が好みじゃなければノイキャンなんてあってもなくても意味ないのだ。イヤホンやスピーカーについては、実際に試聴してみてから評価を下すほうが絶対にいいと思う。

 

まとめ:スマホは当たり、タブは微妙

結論として、Xiaomi 11T Proと11T(無印)は「買い」だがXiaomi Pad 5は微妙。イヤホンとスピーカーについてはなんとも言えない。そんなところだろう。正直Xiaomi Pad 5はもうちょっと安いかなと思っていたので個人的には落胆しているが、とはいえスマホ2機種に関してはどちらも非常に魅力的だろう。僕は現在メインスマホとしてMate 20 Proを愛用しており愛着もかなりあるのだが、とはいえ仮にもこんなブログをやっている手前、もう少し新しい機種に変えてもいいかなとは思っていた。11T(無印)を筆頭候補に、ちょっと購入を検討してみようと思う。

 

Amazon楽天、Yahooへのリンク↓

 

 

 

 

Twitterもよろしくお願いします↓

twitter.com