うぃんどろいど.net

ガジェットと旅行記

【10万円のゴミ?】BALMUDA Phoneは何がどう「高い」のか?なぜ「ヤバい」のか?わかりやすく解説

f:id:MihanadaMikan:20211118222907p:plain

https://www.balmuda.com/jp/

今回は、発表されるや否や「高すぎる」「ぼったくり」とあちこちで噂されているバルミューダ初のスマホ「BALMUDA Phone」について、なぜそんなにも「高い」と言われているのかわかりやすく解説していく。

(※実機レビューではありません。ご了承ください。)

まずは価格を確認

というわけで、とにもかくにもBALMUDA Phoneの価格は以下のようになっている。

どうだろうか。もちろんめちゃくちゃ高いのだが、これだけ見れば「iPhoneもそんなもんじゃん」という気もする。BALMUDA製品ってなんか性能もデザインもすごいイメージがあるし、iPhoneとタイマン張れるくらいの金額でも案外釣り合ってしまうのかも……という気も、まあしてこなくもない。

もちろん、実際の使いやすさについては自分で使ってみないとわからない。ただ、現時点でスペックシートや、あるいは先行してレビューしている各種媒体の記事を見る限りでは、この値段に釣り合っているとはとても言えないように思える。以下ではその理由について説明していく。

 

処理能力に見合わない価格

まずはこれ。BALMUDA Phoneの基本スペックは次のような感じ。

  • SoC…Snapdragon 765
  • メモリ…6GB
  • ストレージ…128GB

このうち、実使用でのサクサク感やゲーム性能などのカギを握るのがSoCだ。SoCというのはCPUやGPUなどを統合したチップセットのことで、平たく言えばスマホの脳みそである。

BALMUDA Phoneは、そのSoCにSnapdragon 765(以下SD765)を採用している。これだけ聞いてもわかりにくいが、これはわかりやすく言えばミドルクラスのチップ、もっとわかりやすく言えばiPhone 8と同じくらいの処理能力しかないチップなのだ。当然ながら、同じ10万円のiPhone 13と比べれば性能は雲泥の差だ。そもそもiPhone 8の中古が2万円前後で買えることを考えれば、もうこの時点で「あれ?BALMUDA Phone高くない?」ということがわかると思う。

f:id:MihanadaMikan:20211118223158p:plain

ゲオオンラインストアiPhone 8の中古を検索してみた

ちなみに、メモリとストレージに関しては別に許容範囲内だと思う。これで足りないことってそんなにない気がする。

 

画面とカメラに見合わない価格

それだけではない。BALMUDA Phoneについては、その他の使用もことごとく残念というか「どうしてこうなった?」感が拭えない。

画面の縦横比

f:id:MihanadaMikan:20211118223343p:plain

まずは画面の縦横比について。4.9インチのフルHDディスプレイということでそれ自体は「小さめのディスプレイなんだね」で済む話なのだが、問題は縦横比が16:9だということだ。

f:id:MihanadaMikan:20211118224653j:plain

16:9のスマホ(左)とそれより縦長のスマホ(右)。後者のほうが画面に表示される情報量が多い

縦横比16:9というのは、簡単に言うと「昔のスマホの縦横比」のことだ。もともとスマホはこの縦横比ばかりだったのだが、画面に表示できる情報量を増やすためにどんどん縦長に進化してきたという経緯がある。TwitterInstagramも、もちろんGoogleでの調べものも、画面が縦に長いほうが表示される情報が多くて見やすいのは明らかだ。BALMUDA Phoneは2021年発売の最新スマホでありながら、なぜか昔ながらの見にくい縦横比を採用している。

 

ついでに言えば、ディスプレイが液晶なのも残念。最近は3~4万円クラスのスマホでも発色の良い有機ELを採用している機種が少なくなく、昔ながらの液晶はいわゆるエントリークラス、格安スマホが中心となっている。実際に使っていても、有機ELと液晶とで画面のきれいさにはかなりの差がある。10万円もするBALMUDA Phoneがなぜ液晶を採用してしまったのか、もはや疑問しか残らない。

 

カメラまわりのあれこれ

f:id:MihanadaMikan:20211118224844p:plain

https://tech.balmuda.com/jp/phone/hardware/

カメラについても残念ポイントのひとつ。まずはアウトカメラについてだが、BALMUDA Phoneのアウトカメラは4,800万画素のメインカメラが1つついているのみとなっている。この価格なら光学ズームができる望遠レンズか、せめて景色を広く写せる広角レンズくらいはつけてほしかったものだが、残念ながらどちらも非搭載となっている(10万円程度の競合機種は、少なくともどちらか一方は確実に搭載している)。

 

f:id:MihanadaMikan:20211118224936p:plain

画面右上にパンチホール式のインカメラが鎮座している( https://tech.balmuda.com/jp/phone/ )

インカメラも残念で、この機種のインカメラはパンチホール式を採用している。つまり、画面の一部をカメラが占領しているということだ。

これ自体は別に変わったことではなく、むしろ最近のスマホ(GalaxyやXiaomiなど)は多くの機種がこのタイプのインカメラとなっている。ただそれらの機種が縦長ディスプレイを採用しているのに対し、BALMUDA Phoneは上述の通り、手狭な16:9の4.9インチ画面。ただでさえ狭いディスプレイにさらにカメラまで割り込んできたら、どう考えても使いやすくはない

 

f:id:MihanadaMikan:20211118225210p:plain

カメラアプリについて紹介する公式HP( https://tech.balmuda.com/jp/phone/app/ )

ついでに言えば、カメラのソフトウェア的な補正についてもそんなに期待はできないだろう。BALMUDAのサイトではカメラアプリの性能についても紹介されているが、結局こういうのはカメラスマホの開発実績が豊富なメーカーが強いのだ。パっと出のバルミューダがGalaxyやHuaweiのような手ごわいライバルと戦えるとは正直思えない。もちろん実際に写真の作例が出揃わないと評価は下せないが、まああまり過度な期待はしないことだろう。

 

製造元に見合わない価格

ついでに触れておくと、BALMUDA Phoneの製造元が京セラというのも「10万円は高い……」と思わされる理由だ。というのも、京セラのスマホというのは安定性に欠けている機種が多く、「できれば避けるべき」メーカーのひとつなのだ。

 

それに関して、身近で起きた実話をひとつ紹介しておこうと思う。僕自身は京セラのスマホを所有していたことがないのだが、ある親戚が去年(2020年)にワイモバイルの京セラ製スマホAndroid One S6」を購入したことがあった。安価な機種ということでとくにこだわりもなく買ってきたようなのだが、これはなんと半年もしないうちに買い替えることになったらしい。動作の遅さもさることながら、Wi-Fiがすぐ切断する、カメラが起動しない……など、とにかく不具合が多かったそうなのだ。

さらに酷いのはそのあとで、同じく京セラの「Android One S8」に機種変更したところ、同じような不具合が再び頻発してまた半年くらいで買い替えを余儀なくされたというのだ。これが2013年くらいの話だとしたらまだわからなくもないが、この事件は去年~今年にかけて起こったつい最近の話である。なおこの親戚は現在はXiaomiの「Redmi 9T」を使っており、こちらはそのような不具合もなく快適に使用できているという。一応強調しておくがこの話は嘘松ではなく、またネットで見かけた話をコピペしたわけでもない。正真正銘、僕の身近で起きたことなのだ。

f:id:MihanadaMikan:20211118225327p:plain

Android One S8( https://www.ymobile.jp/lineup/androidone-s8/ )

 

この2度にわたる「京セラスマホの悲劇」が起きた原因は定かではない。ソフトウェアの設計がダメなのか、ハードウェアの品質管理が十分でないのか、あるいはその両方なのか、真実は闇の中だ。ただ事実として、京セラのスマホにはこのような前科が存在する。そして価格コムなどで京セラスマホのレビューを見る限りでは、これはどうも我が家だけで起きている話でもないらしい。

 

「BALMUDA Phoneの製造は京セラ」……これがどういう意味を含んでいるか、おわかりいただけただろうか。もちろん京セラの機種にも不具合が少ないものはあるので、BALMUDA Phoneの品質が悪いと直ちに決めつけることはできない。とはいえ、10万円の高級スマホなのに製造元がそんなでは、ちょっと心もとないのは事実だろう。

 

まとめ:買うな

結局何が言いたかったかというと、10万円あればもっといいスマホがいくらでも買えるということだ。処理能力が低くて仕様も残念。もしかすると製品としての品質も怪しいかも……。わざわざそんなBALMUDA Phoneを買う理由が、合理的に考えて全くないのだ。

10万円あればiPhone 13も、Galaxy S21も買える。Pixel 6なら2.5万円もお釣りがくる。ぜひともそっちを買って、そのスマホで幸せになる人が1人でも増えることを願う。

 

Twitterもよろしくお願いします↓

twitter.com