うぃんどろいど.net

ガジェットと旅行記

買って大丈夫?Ravpowerの「Amazonで買える」61WのUSB-C(PD)充電器を買ったのでレビュー【商品ページのリンクあり】

f:id:MihanadaMikan:20211211234426p:plain

今回は、かつてAmazonコスパと品質を両立した充電器などを販売していたRavpowerのUSB-PD充電器が、商品名を変えていまだにAmazonで売られているのを見つけたので購入してみた話について書いていきたい。

商品ページはこちら↓

Ravpowerについて簡単におさらい

レビューを始めるにあたって、まずはRavpowerについてサクッとおさらいしておく。そんなの知ってるよ、という方は読み飛ばしていただいて問題ない。

Ravpowerは、かつてAmazonを中心に充電器などのモバイルアクセサリーを販売していたメーカー。AnkerやAukeyと同じような中華系のメーカーで、ノーブランド品より安定した品質と割安な価格でコスパの高いメーカーだった。Amazonセールの常連でもあったため、僕もけっこう愛用していた。

事件が起きたのは去年の秋ごろだった。Ravpowerは、かつていくつかの製品で行っていたサクラレビュー疑惑により、Amazonでの販売を禁じられてしまったのだ。最近の製品でサクラをやっていた感じはなかったし、そろそろ復活させてあげてもいいのでは……と個人的には思うのだが、現在に至るまでAmazonにRavpowerの公式ストアは復活していない。

 

……が、Amazonを眺めていると、どこかの業者がRavpowerの名前を伏せてRavpowerの充電器を出品しているのを発見することがしばしばある。ちょっと買うには不安な気もするが、中にはそれなりにレビューがついている商品もいくつかみられる。今回はそれを試しに買ってみて、実際にちゃんと届くのか、使えるのか、試してみようというわけだ。

f:id:MihanadaMikan:20211207112147p:plain

商品ページに「Ravpower」の文字はどこにもない

 

開封

f:id:MihanadaMikan:20211207094331j:plain

前置きはこのくらいにして、ここからは実際に届いた商品を開封していく。今回買ったのは61WのPD充電器で、こんな感じの箱に入ってやってきた。箱の隅がつぶれているのだが、これはAmazonの紙袋に直で入れられて配送されてきたせいだと思われる。業者出品だからなのかどうかはわからないが、梱包の状態に関しては良いとはちょっと言えないだろう。

f:id:MihanadaMikan:20211207102807j:plain

とはいえ、中身に関してはとくに問題ない状態で入っていた。上述のとおり商品ページには「Ravpower」の文字はどこにもなかったのだが、ちゃんとRavpowerの充電器が届いた。

f:id:MihanadaMikan:20211207103113j:plain

f:id:MihanadaMikan:20211207103126j:plain

製品についてもう少し詳しくみていこう。この製品はノートPCも充電できる61WのPD対応モデルなのだが、GaN(窒化ガリウム)半導体を使っていることでかなり小型化されている。手に取ってみてもあまりにも小さくて、61Wも出力があることを疑ってしまうくらいだ。

f:id:MihanadaMikan:20211207103725j:plain

サイズ感としてはこんな感じで、ワイヤレスイヤホンと同じか、一回り小さいくらいの大きさしかない。これならバッグに入れて持ち歩いても、全く邪魔にはならなさそう。

f:id:MihanadaMikan:20211209110704j:plain

GaN半導体を使っていないふつうの充電器(写真右のAnker製)と比べても、明らかにこの商品のほうが小さいのがわかると思う。こんなサイズでノートPCまで充電できるなんて驚きでしかない。すごい。

 

ノートPCを充電してみる

f:id:MihanadaMikan:20211209110757j:plain

今回僕はこの充電器を、持ち運んで外でノートPCを充電するために購入した。以前購入したAnkerの白いケーブルと組み合わせて、PD対応の充電環境を常に持ち歩こうという魂胆だ。

f:id:MihanadaMikan:20211211233058j:plain

というわけで、このセットを使っていつものノートPC「HP Pavilion Aero 13-be」を充電してみた。このPCは60WまでのPD充電に対応しているので、当たり前だが十分なパワーで充電されているようだ。電力不足の警告などももちろん表示されない。

 

もちろん、このセットがあれば、スマホなどほかのType-C機器も充電できる。これまた例によってPD対応の「Huawei Mate 20 Pro」を充電してみたが、ちゃんと「急速充電中」表示を見ることができた。

 

というわけで、このセットをバッグの片隅に忍ばせておけば、PCもスマホもいつでも急速充電できる!という環境を作り出すことに成功した。サイズも小さいし価格もお手頃(両方買っても3,000円前後)なので、けっこうおすすめだといえると思う。

 

まとめ:自己責任にはなるけど……

というわけで、Amazonで今も売られているRavpowerの充電器を買ってみた、という記事だった。結論としては、

  • ちゃんと届いた
  • 届いたのはちゃんとRavpower製品だった
  • ちゃんと使えた

というところで、少なくとも今回の商品に関しては「買ってOK」といえるとは思う。61WのPD充電器が2,000円以下で買えると考えればコスパは良いので、おすすめといえばおすすめな気がする。

とはいえ、最初にも書いたように、今Amazonで売られているRavpower製品はどれも正規販売品ではない。なので保証や品質管理なども含め「サポートにもし何かトラブルが起きても自己責任」という点に関しては、よく理解して買う必要があると思う。それでもいいよという方は、ぜひ検討してみてはいかがだろうか。

 

商品ページ↓

 

Twitterもよろしくお願いします↓

twitter.com