うぃんどろいど.net

ガジェットと旅行記

【実機レビュー】ピンクのおしゃれモバイルノート「HP Pavilion Aero 13-be」を大学で使ってみた【おすすめノートPC】

f:id:MihanadaMikan:20211217131304p:plain

今回は、少し前に購入したHPのモバイルノートPC「Pavilion Aero 13-be」の実機レビューを行っていく。「ふだんぎPC」というキャッチコピーで売り出し中の同モデルだが、すでに2カ月ほど大学用のPCとして使用しており、気になる部分なんかもだいぶ見えてきている。今回はそのあたりも含めて、正直な使用感を書いていきたいと思う。

※レビューに使用しているモデルにはWindows10がインストールされていますが、出荷時期によっては初期状態でWindows11が入っているようです。またWindows10搭載の個体も、将来的にWindows11に無料でアップデートされる予定です。(2021.12.31追記:無事Windows11へのアップデートが提供されました)

※この記事は提供記事ではありません

 

商品ページはこちら↓

 

 

外観:おしゃれだけど、質感は思ったほど高くはない

さて、まずは外観だが、このモデルの大きな特徴としてボディカラーにピンクが用意されているという点がある。せっかくなので、今回はピンクのものを購入した。

f:id:MihanadaMikan:20211217115328j:plain

f:id:MihanadaMikan:20211217115532j:plain

f:id:MihanadaMikan:20211217115700j:plain



f:id:MihanadaMikan:20211217115432j:plain

いかがだろうか。おしゃれながらも主張の激しくない色で、個人的にはとても好きなカラーリングだ。ともすれば「ピンク=女性向け」というようなイメージも抱きがちだが、このくらいの色なら男性が使っても全然浮かないと思う。僕自身も男性だが、この色に関しては本当に気に入っている。

 

ただし、実機を見ると、商品のイメージ画像から想像するほどには質感が高くないというのも正直なところだ。ボディはプラスチッキーだし、剛性もなくて少しふにゃふにゃした印象も受ける。もちろん実使用上の問題は全くないのだが、MacBookのようながっしりした感じを想像して購入すると「なんか思ってたのと違う…」となるかもしれない。この良くも悪くも質感を追いすぎない感じはたしかに「ふだんぎPC」という感じで、このキャッチコピーは上手いなあ…なんて気もする。

 

ただ、質感をやや犠牲にした代わりに本体がめちゃくちゃ軽い(957g)ので、総合的にはむしろ良いとも思う。やはり軽いは正義というか、「持ち出したくなる度」が全然違う。

 

ディスプレイ:必要十分にきれいで、使っていて楽しい

f:id:MihanadaMikan:20211217115919j:plain

次にディスプレイについてだが、これは本当によくて感動している。基本スペックとしては「縦横比16:10」「解像度FHD」「IPS液晶」といったところだが、とにかく発色が良いのだ。sRGBカバー率は100%近いとのことで、ノートPCのディスプレイとしてはかなり正確な色を出力できている部類だろう。

f:id:MihanadaMikan:20211217120239j:plain

本体のディスプレイで色味の確認をしている例

実際、このノートPCを使ってイラストを描いてみたりもしたが、かなりきれいかつ正確な色で表示されるのでとても楽しかった。描いたものをあとでスマホなどの別端末で表示しても「あれ、なんか色がヘン…」となる感じがほぼないわけだ。

 

それから、光沢液晶ではないのも良いところ。以前使っていたMacBook Proもディスプレイの発色はとてもよかったのだが、光沢液晶だったせいで反射や映り込みがひどく、そこがかなり残念ポイントだった。Pavilion Aero 13-beの画面を見ていると、やはり液晶は非光沢に限るなあ…と改めて実感する。もちろん非光沢だからといって発色がよくない…なんてこともないのはすでに述べたとおり。

 

キーボード、タッチパッド:ふつうに良い

f:id:MihanadaMikan:20211217120404j:plain

次にキーボードについてだが、これはふつうに打ちやすく、タイピング音もふつうに静かで、特に弱点らしい弱点は見当たらない。

右端に縦1列余分なキーがあるという、HP製PC特有のキーボード配列については、慣れれば思ったほど問題にはならないなと感じた。最初のうちはミスタイプが頻発してイライラするのだが、案外適応できてしまうもんだなと思う。

 

タッチパッドの操作性についても別に普通という感じで、特に操作しにくいとは感じない。よく「タッチパッドMacBookの圧勝!Windowsはゴミ!」とか言う人がいるが、少なくともこのPavilion Aero 13-beに関しては、MacBookと比べても特に見劣りはしていないと思う。

 

拡張性:高くてすごく良い!

f:id:MihanadaMikan:20211217120730j:plain

f:id:MihanadaMikan:20211217120743j:plain

接続端子はType-AのUSBが2つ、PDに対応したType-CのUSBが1つ、HDMIとイヤホン端子が1つずつ。個人的には、この薄いボディにType-AとHDMIを搭載してくれることに心からの拍手を送りたい。とくにHDMIは、プロジェクターや液タブなどをアダプタなしで直接つなげられるのであるととても便利。

最近ではWindowsでもType-Cオンリーの機種も増えているが(Lenovoの「Yoga Slim 750i Carbon」やHuaweiの「MateBook 14」など)、個人的にはやっぱりType-AもHDMIも絶対必要だと思う。

 

処理能力:必要十分でコスパ

今回購入したモデルの、基本的なスペックは次のような感じ。

  • CPU…Ryzen5 5600U
  • メモリ…16GB
  • ストレージ…512GB(SSD)

Ryzen5ということでミドルクラスのモデルだが、正直これでスペックが足りないと感じることはほぼ全くない。このPCでPhotoshopAfter Effectsなども触ってみたが、基本的な操作であれば特にカクつくこともなくきわめてスムーズに動いていた。

このPCの価格は、タイミングにもよるが約10万円程度。さまざまなメーカーのモデルがひしめく激戦区ではあるが、コスパという観点からも健闘しているといえるだろう。

 

個人的にこのPCの「推せる」ポイントとしては、ミドルクラスのモデルにもかかわらず16GBメモリが選択できること。10万円前後のノートPCだとメモリは8GBのみで、16GBはオプションですら設定がない機種が少なくない。ブラウザベースの作業やOfficeくらいしか使わないなら8GBでも問題ないが、クリエイティブ系のソフトを少しでも使うならメモリは16GBを選んでおくのが絶対におすすめ。

f:id:MihanadaMikan:20211217123737p:plain

室温21℃、充電しながら測定

いちおうCinebench R23の結果も貼っておく。スコアとしてはシングル1317、マルチ6192といったところで、インテル11世代のCore i7-1135G7よりわずかに低い程度のCPU性能。マルチコアの性能では、やや古いデスクトップ用のCore i7-7700Kに迫るスコアが出ているので、Ryzen 5といえどもけっこう悪くない性能ではある。

 

スピーカー:普通にいいけど、高級オーディオではない

HPはデンマークの高級オーディオメーカーBang&Olufsen」(以下B&O)とタッグを組み、多くのモデルで内蔵スピーカーを共同開発している。このモデルについても例外ではなく、パームレスト右上にはB&Oのロゴが誇らしげに掲げられている。

f:id:MihanadaMikan:20211217124346j:plain

僕は個人的にB&Oのワイヤレスイヤホンを使っており、とにかく音が良い(そして音質が好み!)のでとても気に入っている。なのでこのPCのスピーカーについても「もしかしてめちゃくちゃ高音質かも!?」なんてちょっと期待していたのだが、まあ当たり前だがそんなことはなく「ふつうにきれいな音のふつうのスピーカー」といった感じだった。ノートPCの内蔵スピーカーにしては頑張っているほうだし必要十分ではあるけれど、とはいえこれで音楽鑑賞をしたいとは思わない。そんな感じ。

f:id:MihanadaMikan:20211214095830p:plain

プリインストールアプリ「B&O Audio Control」

ちなみに、イコライザーアプリが標準で入っているため、これで多少好みの音質に近づけることはできる。

 

Wi-Fi:ちょっと気になる?

Wi-Fiについては、最新PCらしくWi-Fi6に対応している以外は普通…と言いたいところだったのだが、ちょっと使っていて気になる点があったので書いておく。

このモデル全般にそうなのかはわからないのだが、少なくとも僕の手元にある個体では、たまにWi-Fi接続が不安定になる事象が発生している。速度が急に遅くなったり、ひどいときは勝手にネットが切れたりする。これは(僕の環境では)大学のWi-Fiにつないでいるときにもっとも顕著なのだが、他のデバイス(iPadなど)ではこの現象は起きないのでおそらくこのPCのせいだと思われる。

他の各種レビュー(価格コムなども含めて)を見ても、この機種でWi-Fiが不安定になる事象は何件か報告されているようだ。もしかするとこの機種は内蔵無線LANが弱いのかもしれないし、個体差があるのかもしれない。詳細についてはなんともいえないが、いちおう1事例として紹介しておく。

 

※2021.12.17追記:バイスマネージャーで無線LANアダプタのプロパティを開き、「詳細設定」タブから「802.11d」をオフにすると症状が改善する可能性があるようです。しばらくオフにして運用し、後日結果を追記します。

※2021.12.31追記:上記の方法で実際に症状が改善しました。この問題にお悩みの方は一度試してみることをおすすめします。

 

指紋認証:ふつう

f:id:MihanadaMikan:20211217124433j:plain

この機種は全グレードで指紋センサーを搭載しており、Windows Helloの生体認証機能を使ってログインできる。

これ自体はとても便利なのだが、残念ながらセンサーの精度はそんなに高くはなく、けっこうな確率で弾かれてしまう。精度が悪い!というほどではないが、過度な期待はしすぎないほうがいいかもしれない。ちなみに顔認証は非対応。

 

プリインストールアプリ:多すぎてうざい

普段は自作PCや中古ノートなんかに触れる機会のほうが多いので全然気にせずに買ったのだが、新品のメーカー製PCということでプリインストールアプリがなかなか多い。国内メーカーのように年賀状ソフト(使わない)やタイピング練習(使わない)なんかが入っているわけではないが、AmazonDropboxなど、とくに使わないアプリがたくさん入っていたところは印象が良くなかった。

 

中でもとくに嫌だったのは、HPのユーザー登録をしたら勝手にMcAfeeのアカウントまで作られてしまったこと。個人的にはセキュリティソフトって別にいらない(Windows標準のやつで十分)と思っているので、こんなのは余計なお世話でしかない。ダイレクトメールまで送り付けてきてとても鬱陶しかったので速攻で退会しておいた。

 

まとめ:完璧ではないけど……

というわけで、気になる点も交えつつ「Pavilion Aero 13-be」の使用感をレビューしてみた。まとめとしては、

  • おしゃれで軽くて画面がきれい
  • 性能も十分で、端子が豊富なのも良い
  • 内蔵の無線LANがやや弱い疑惑はある
  • プリインストールアプリが多いのがマイナスポイント

といったところ。

否定的なことも含めて色々と書いてきたが、総合的には非常に気に入っている。やはり「軽さ」と「おしゃれさ」を兼ね備えているPCということで、自然と外に持ち出したくなるのだ。このPCを買ったことで、QOLは間違いなく上がったと思う。

 

今回紹介した「Pavilion Aero 13-be」は、総じてバランスが非常によく、誰にでも勧められるノートPCだった。春から新生活が始まる大学生や社会人の人たちなんかにもおすすめだといえると思う。ピンクのカラーが選べるPCは貴重なので、もしピンクでお探しならほぼこれ一択かもしれない。ノートPCをお探しの方は、ぜひ候補のひとつに入れてみてはいかがだろうか。

 

商品ページはこちら↓

 
(2022/3/10追記)
大学などへの進学にあたってパソコン選びをしている方向けに、注意点などをまとめた記事を作成しました。よければこちらもあわせてご覧ください。
 
Twitterもよろしくお願いします↓