うぃんどろいど.net

ガジェットと旅行記

【パソコンの選び方】注意!大学生が新生活で「買ってはいけない」PC、教えます【おすすめ"しない"ノートPC】

 

f:id:MihanadaMikan:20220310085755p:plain

 

今回は、新生活に向けてパソコンを探している方(主に大学生)向けに、実際に今大学生をしている立場から「こんなパソコンは買うな!」というものをいくつか紹介していきたい。これからパソコンを買うにあたって失敗しないよう、少しでも参考にしていただければ嬉しい。

 

※この記事はあくまで一般的な、パソコンで高度に専門的な作業をしない学校に進学する方向けに書いています。クリエイティブ系の学科など専門的な学問領域の場合、この記事の内容が当てはまらない可能性も十分にありますのでご了承ください。

 

MacBookChromebook

f:id:MihanadaMikan:20220310005726p:plain

僕も以前はMacBook持ってました。が……

まず最初に挙げたいのが「MacBookChromebook」……つまりWindows以外のパソコン。これらについては、避けておくことを強くおすすめする。

 

これはなぜかというと、ほとんどの人にとってもっとも馴染みのあるパソコンはWindowsだからだ。世の中的には「家庭にある家族共用のパソコン」も「学校のパソコン室にあるパソコン」も、すべてWindowsだったという人がほとんどだと思う。MacChromebookは、基本的な操作から得意なことの種類までWindowsとはまったく違う。多くの人にとってWindowsを操作することは母国語を話すようなもので、逆にそれ以外のOSを操ることは外国語を話すようなものなのだ。これは正直けっこうしんどい。

 

……というのも僕自身、大学入学時にMacBookを購入したが、まったく馴染むことができず半年経たずに手放したという苦い思い出があるのだ。そのときの愚痴ばっかりの記事(今見ると大人げなくて恥ずかしい)も一応残っているのでよければこちらもどうぞ↓

39anartwork.hatenablog.com

※ただし、クリエイティブ系の学科などで周りにMacユーザーが多い場合、Macのほうが友達などに操作方法を聞きやすいこともある。この場合は同期や先輩の方に確認しておくのが吉だと思う。

 

iPadなどのタブレット

f:id:MihanadaMikan:20220310084454j:plain

最近はiPadなどのタブレットが人気だし、iPad Proのような高性能のタブレットもある。だからパソコンの代わりにiPadを買えばいいじゃん!……と思っている方は注意してほしい。iPadはパソコンの代わりにはならないからだ。

 

別に、iPadがパソコンに劣るデバイスだと言いたいわけではない。僕自身iPadAndroidタブレットを愛用しているのだが、これらとパソコンとではできることが全く違うのだ。図にすると下のような棲み分けになっている。

f:id:MihanadaMikan:20220309233131p:plain

ちなみにこの図もiPadで手書きしたやつです。手書きでサクッとメモができて便利

要はタブレットというのはでかいスマホなので、パソコンとは根本的に違うものなのだ。そして大学で必要になる作業(レポート作成やOfficeの操作など)はおおよそパソコンの方が向いていることばかりなのだ。PCを用意したうえでタブレットも使う、というのなら便利でいいのだが、タブレット1台でなんでもこなせるわけではないということは理解しておく必要があるだろう。

 

メモリ4GB以下のパソコン

スペックや性能の話はよくわからない……という方も少なくないかもしれないが、これについて簡単に理解できるひとつの基準に「メモリ4GB以下のパソコンは買うな!」というのがあると思う。

 

パソコンのスペックというのは主に「CPU、メモリ、ストレージ」の3要素からなっているのだが、2022年現在、メモリ8GB以上のパソコンはCPUもストレージもおおむねまともなものばかりとなっている。逆にメモリが4GB以下のパソコンは、値段を下げるためにCPUなどその他の部分も貧弱に作っている場合が多い。大学で使うなら、前者を選んでおいたほうが絶対にいい。

 

ただし、メモリが8GBあってもストレージが遅いHDD、というモデルもごく一部存在するので、実際に買うときはストレージが高速なSSDかどうかも確認しておくとより確実だと思う。またゲームや動画編集などをする場合はGPUの性能も重要になってくる(ここでは割愛)ので、その場合は用途に合わせて検討していただければと思う。

 

Amazonで売っているノーブランド品

f:id:MihanadaMikan:20220310002837p:plain

左から2番目以外ノーブランド品な例(Amazonより引用)

最近だとAmazonの検索上位に、品質がよくないノーブランド品のパソコンが引っかかることがよくある。これらについては性能を誇張しすぎていたり、古い部品を使って作っていたりするので、絶対に避けておきたいところ。知識のある人が割り切って使うなら問題ないのかもしれないが、いずれにせよかなり玄人向けのシロモノとなっている。LenovoDell、HPなど、必ず大手のメーカー製を買うようにしよう。

 

でかいパソコン

ノートパソコンには「持ち運び重視の小さくて軽いもの」と「据え置き前提の大きくて重いもの」の2種類がある。大学で使うなら携帯性は重要なので、前者のほうがおすすめということになる。

f:id:MihanadaMikan:20220310003102p:plain

13インチで600g台と超軽量な富士通のノートPC
( https://fmv.fccl.fujitsu.com/shop/pc/note/lifebook-uh )

基準としては、画面のサイズが14インチ以下のものを選んでおけばだいたい大丈夫。重さが1kgを切っていると、さらに持ち運ぶのがラクになって良いと思う。逆に15インチ以上になってくると、重くて分厚いものが増えるので大学用としてはあまりおすすめできない。そんな感じ。

 

中古のパソコン

中古パソコンは安くていいのだが、大学で使う用途には正直あまりおすすめできない。古いものになると性能の見極めが難しかったり、バッテリーが劣化していたりするからだ。中古パソコンは総じて玄人向けなので、知識に自信がない方は避けておいたほうが無難だといえる。

 

おまけ①:生協のパソコンについて

Twitterで「生協 パソコン」などと検索すると、「生協のパソコンはぼったくりだから買うな!」というようなツイートが引っかかることがある。こういうのを目にしたことがある方もいると思うので、最後にこれについて少し解説しておきたい。

 

結論としては、生協のパソコンは別にぼったくりとは限らない。必要な性能を満たしているものが確実に買えるメリットがあるうえ、操作などで困ったときにサポートしてもらえるサービスがついている場合も少なくないからだ。とくにこのサポートというのはなかなか得がたいサービスなので、パソコンの知識に自信がないなら選択肢の1つとして全然アリだと思う。

f:id:MihanadaMikan:20220310004123p:plain

色々見比べてみて一番コスパがよかった広島大学の生協パソコン。4年間のサポートつきなのに定価とそこまで変わらない値段で優秀

よく言われる「性能のわりに値段が高すぎる、コスパ悪い」というような話については、大学によって事情がまちまちなので正直なんとも言えない。よくあるのは富士通のUHシリーズやSurfaceなどだと思うが、同じモデルでも大学によって売価が違ったりするので一般論として語ることはなかなか難しい。詳しい人が周りにいれば、一度意見を聞いてみるのがいいと思う。(あるいはこの記事のコメント欄に書いていただければ返信の形でお答えします)

 

おまけ②:僕が使っているパソコンについて

これは余談だが、この記事を書いている僕が使っているノートパソコンはHPの「Pavilion Aero 13-be」という機種。大学用としてふつうにおすすめの機種なので、パソコン選びの候補に加えてみてもいいと思う。レビューもあるのでよければ↓

39anartwork.hatenablog.com

 

まとめ

けっこうな長文になってしまったが、このように、パソコン選びというのはけっこう難しい。あちこちに注意点があるので、頭がこんがらがってしまっている人も少なくないと思う。

ただ、大前提として、基本的には「どんなパソコンを買うのも自由」ではあるのだ。何から始めたらいいかまったくわからないという人は、まずは電気屋さんやパソコンショップなどを見に行ってみたり、大学生協のホームページを覗いたりしてみるといいと思う。そこで「お!」と思えるパソコンに出会えたら、この記事の内容と照らし合わせて比較検討してみるのがおすすめ。

最後になりましたが、この長文記事を最後まで読んでくださった方がよきパソコンライフを送れるよう祈っています。

 

Twitterもよろしくお願いします↓

twitter.com